『S660』もはや軽ではない!!オーナーが羨ましい♪


S660(エスロクロクマル)は、本田技研工業が開発、販売していた軽自動車規格の2人乗りオープンスポーツである。2015年3月に生産を開始し、2022年3月をもって生産終了となった。 本田技研工業が開発したモデルとしては、1996年に販売を終了したビート以来、約19年ぶりに復活した軽規格の2シーターオ
36キロバイト (4,574 語) - 2022年8月17日 (水) 03:06







<関連する記事>



ガソリンエンジンのスポーツカーは最後か
…大きなニュースだ。ホンダは高級スポーツカー「NSX」や軽スポーツカー「S660」などの発売を中止する一方で、コアなファンの多いシビックタイプRの開発は続けてきた。
(出典:ニュースソクラ)

最後のガソリンMT車としてどのクルマに乗るべきか? 高騰してないガソリンMT車3選
 その他、2021年に生産終了がアナウンスされた際に中古車相場が暴騰したホンダ S660も最近は平均価格210万円台で安定しているし、同じ軽オープンカーのダイハツ…
(出典:ベストカーWeb)

NSXタイプS公道試乗からわかった「ホンダが失ったもの、失ってはならないもの」
…う。ホンダが失ったものは何だろう?まず、S2000がいなくなり、続いてS660、そして今回のNSXだ。いわゆる後輪も駆動するスポーツモデルがなくなる。
(出典:ベストカーWeb)

<ツイッターの反応>


トミキチ🏎🍁
@yutoribinboo

@S660_12_kiss 待ってるでえええ😏車も並べなあかんなぁ😏🚙

2022-08-24 13:48:23

(出典 @yutoribinboo)